10/08/2018 - 19/08/2018

@wbsc   #U15WorldCup  

Hosted by:   PAN

IV U-15 Baseball World Cup 2018 - Official Payoff

2年前の今日、アメリカがWBSC U-15野球ワールドカップで初優勝

2年前の今日、アメリカがWBSC U-15野球ワールドカップで初優勝
19/08/2020
オープニングラウンドではチャイニーズタイペイに黒星を喫したアメリカは、その後パナマとの決勝を含む6試合で連勝し、優勝を飾った。

2018年8月19日パナマで行われた第4回WBSC U-15野球ワールドカップの決勝で、アメリカは開催国のパナマを7対1で破り見事優勝い輝いた。この年齢部門でのアメリカ初勝利の快挙だった。

アメリカは当時U-12やU-18部門での大会王者だった。アメリカはオープニングラウンドでチャイニーズタイペイに2対1で敗れたが、その後決勝を含む6試合すべて勝利した。

アメリカは三つの守備エラーを絡めて1回で6得点を入れた。先発 Andrew Painterが 5.1イニングを堅実に投げ、勝利を獲得した。Luke Letoが最後の2アウトを決めた。

Painter(最優秀先発投手)とLeto (最優秀三塁手) を含む4選手がアメリカからベストナインに選ばれた。そのほかの2選手は一塁手Brady Houseと外野手Ryan Spike。アメリカの遊撃手Cody SchrierがMVPに輝いた。

アメリカは日本のいわき市で行われた2016年大会ではキューバと日本についで3位に終わった。2014年のメキシコのシナロア大会ではキューバについで2位だった。

WBSC U-15野球ワールドカップの第一回は2012年メキシコのチワワで開催された。

この大会は元々はU-16部門で世界ユース選手権大会として行われていた。新設大会は1989年日本で開催した。

U-15野球ワールドカップ公式サイト

第5回WBSC U-15野球ワールドカップは10月30日から11月8日までメキシコのティフアナで開催予定。